アトピーQA:医原病アトピー


医原病アトピーは重症化する


この記事のまとめ

 

何故アトピーは治らないのか?解説!

 

アトピーが治らない、繰り返す、こんなに頑張っているのに!

 

頑張れば頑張るほどアトピーが重症化する

 

このようなアトピーの原因をもっと根本的な部分で説明します

 

一生懸命治すよりほおっておいたほうが良い例が続出

 

アトピーは薬を使うより "薬草温熱療法"   お勧め理由は。

 

 

 

 

こんな悩みをお持ちではないですか?

 

「アトピーを治すため大病院からクリニックまで、病院を転々としたが良くならない。」

「病院をあきらめて民間療法に、でも良くならない。」

 

アトピーに悩んで病院を転々とする人は多いです。あきらめている人も多いようです。


今回は経済用語になりますが「インセンティブ構造」から見た医療を説明します。アトピーが治らない原因はもしかしたらここにあるのかも知れません。


愛情のバランス
愛情のバランス

母原病ぜんそく

1970年代 高度成長期に多発したアレルギー性喘息の原因が母親にあると言われた時代がありました。

 

 

 

経済成長期、人口が都市部に集中し大家族から核家族化が進む時代・・・

これまで大勢の家族で子供の成長を見守っていたのが

家を守る母親だけに子育てを押し付けたように

 

子供の病気の原因を母親に責任を負わしてしまったような言葉でした。

 

 

当時、都会の空気汚染がきっかけで喘息が騒がれ始めた時代でもあります。

 

 

心理学的に喘息が解明されるようになると

現代のアトピー性皮膚炎の原因もどうやら同じところに原因があるのではないかと推測が出来るようになってきました。

 

 

50年も前に起きたことと、違うようで共通する部分を知ることで
闇雲に情報に左右されることなく

 

アトピーの心理学的発生原因を知ることでアトピー解消の手掛かりになります。

 

 

やるべき事、やってはいけない事が少し分かって来るのではないでしょうか?

 

 

愛情がアトピーの原因?

 

病気の本質はインセンティブ

 

家庭の中での親子の愛情を中心に考えたインセンティブ構造を理解することで無意識に働く心理的病因の正体を説明できます。


インセンティブを家庭の中で当てはめれば愛情の損得計算と言えますね。


 心理学から見た

痒みの起きるしくみ

 

子供にとって親の愛情は3食の食事以上に必要なもの

幼い子供にとって感情を言葉にして親に伝えることは難しいこと

愛されたい、かまってほしいと言う思いは親の都合のいいように子供はコントロールできません。

その感情を抑え込んでしまう事だってあります。

 

抑え込んできた感情を満たすため無意識が病気を自ら作り出すといった現象が起こります。

 

 

病気になると、親から心配してもらえ、その時は愛情をいっぱいもらえる

それが風邪であったり、痒みとして表面に出てきたりするのです。

 

つまり、愛情を受けたいという表現として身体に変化を起こす。

これが心理学的病気の発生原因です。

 

 

大家族であればお爺ちゃんおばあちゃんが、

経験から民間薬を飲ませたり、シップをしたりしてくれます。

 

子供はスキンシップも一杯受け、

事実、感情を満たしてあげるだけで治ってしまうような病気が沢山あります。

 

 

そんな存在がいない核家族では

親はどうしても治してあげたい、頼るのはお医者さんだけ

 

 

ある意味ほっておいて治るようなものでも病院を頼るしかないわけです。

ここが現代社会の薬依存生活の原点だと言えるのです。

 

子供が愛情を求める手段として無意識に病気を作る・・・? 

ん~、あるかも知れません!


   

そこで起きている本質は  愛情のインセンティブ

 

●心理学的には、無意識の世界における親と子供の愛情の損得計算(インセンティブ)上で病気を作っている可能性を指摘しています。

 

 

現代社会はこの親子の愛情を巻き込み

●その後親子は巨大な社会構造のインセンティブの中に吸収され

 

薬依存生活へと移行してしまう仕組みがあるのです。

 

 

 

薬物依存症

薬物といえば、ちまたでよく聞く覚せい剤やシンナー、大麻、危険ドラッグなどを思い浮べるかもしれませんが、処方薬でも精神的依存や身体的依存があります。また、体がクスリに慣れてくるため、クスリの量が増えていくという生理的現象もあります。


アトピーが重症化する社会

薬の本来の目的
薬の本来の目的

「大統領ですら無視できない薬社会」世界を動かす薬 

 

大統領選でもコロナワクチンへの気遣いは欠かせませんでした。国民の健康を思っての発言のように思えますが、実は世界は薬社会のインセンティブで動いています。日本も同様に薬社会に配慮しなければ選挙に勝つことはできません。

薬社会が悪いという意味ではなく、健康保険税の徴収から始まる国と国民。医師会、製薬会社、健康食品を販売する会社にまで薬に関わる経済社会が無意識下で薬神話を作り上げているのが現代社会の仕組みです。

 

愛のインセンティブで子供を病院に連れて行くことが、薬社会のインセンティブの世界に巻き込まれていくきっかけになってしまう。

薬開発には膨大な資金と人が絡む

 

薬の開発費は500億から1000億といわれ

開発期間に10年から20年を要し

 

その間、臨床検査を繰返し最終的には厚生労働大臣による承認を得てようやく世に出る

 薬候補から承認を得るのは何万分の1の確率だそうです

 

 

病院でもらう薬は「医療用医薬」

消費者が直接購入できる薬は「一般医療薬」に分けられ

 

 

 医療用医薬は 医師の処方箋無くしては購入できなく

一般医療薬には第一類から第三類医薬品に分けられ個人で購入することはできる

 

良く効く(効果がある)薬ほど副作用が強いので医師の処方箋が必要

 

 

 

病院に行けば当然医療用医薬が処方されるわけですが、処方はお医者さんの考え方次第

  

 

もし、私がお医者さんならばこんな病院経営をするかも知れません。


例えば、患者さんに少しだけ強い薬を処方してあげます。

効果はすぐに出て、患者さんはあそこは良い病院だと噂を立ててくれ、

良い病院だから病気になればすぐ行くし、患者さんは集まるようになります。

 

本来は自然治癒力を高めための医療を目指したいが、時間がかかります。

患者さんにとっては病気を早く治してくれる病院が良い病院なのです。 


 

誰しも自然治癒力を高める治療が理想

 

自然治癒力を高める為の治療を目指したお医者さんも、

さすがに時間がかかりゆっくりとした治療では患者さんが認めてくれないのが現実。

 

患者さんにとっては

病気を早く治し、薬をたくさん出してくれる病院が良い病院なのです。

薬は使ってもらい病院も製薬会社良い会社となり、経営安定となります。

 

 

が、強い薬は副作用も強いのでその見返りは患者(国民)に返ってくるのです。

 

アトピーを治したい一心で病院を頼るのですが、

そもそも薬は病気を治すためのものではありません

 

 

また、患者さんの中には薬をもらう為に病院に行き、

薬をもらうことで安心する方もかなりの数でいらっしゃいます。

 

 

これを医原病という

 

 

心理学から見た医療のインセンティブ構造ですね。


無意識の世界で起きる損得計算です。解決するには患者側にも薬に対する知識を蓄える必要があります。



薬はお医者さん任せにしない!

★薬の効果や副作用を理解する。最低限の知識は自分で身に着ける!

薬局で渡される処方箋より詳しく「薬」について説明されています。今飲んでいる薬の効果・目的を知ることに役立ちます。更に起こりうる副作用についてもわかりやすく記載されています。

自分に処方された薬を調べていくと、薬を飲み続けることで将来どのような副作用に出会いやすいのか?

自然に薬の傾向がつかめるようになります。薬はお医者さん任せにせず、自分で理解することは大変重要。

一家に一冊は必須のお薬辞典です。


薬を解することは国民の義務だと思います。


漢方の西洋化

 

 

漢方医になるためには先ず医師免許を取らなければならない

 

日本で漢方医になれるのはお医者さんだけ

 

西洋医学を学ばなければ漢方医になれない

つまり、薬医療の延長線上に漢方医療がある

 

漢方医学が西洋医学の一部として組み込まれているのが日本の東洋医学です。


構造は薬と一緒ですね


健康食品もうわさで売る

健康食品にはいろいろな呼び方がある

トクホ、健康機能食品、栄養機能食品、etc.

 

 

良い噂を立てれば売れる

 

効く人もいれば効かない人もいる健康補助食品

 

 

良いイメージとを作るためのCM合戦、認可取り合戦が毎日繰り返されています。

 

 

マーケティングによる大量販売

全てインセンティブが働きやすい環境下にあり、大量生産大量販売の商品です。

 

有名な人が紹介していればつい欲しくなってしまいますよね。


自分の身は自分で守る

 

歴史的には戦争の勝者となった西洋医学が世界を握り、薬を中心とした経済構造を構築。

今の医学界は勝者たる西洋医学が世界を握っています。

 

 

医学界において最も都合のいいこと

それは、患者が無知であること

 

 

では、私たちはこんな時代にどのように対処すればいいのか

 

情報に流されず、うわさに流されず、あなたに合った方法で治す時代

 

 

自分の身を守る方法は

病気を知る。薬を知る。自分の身体を知る。身体を観察し変化を知る。良いものだけを続ける。

 

これだけです。

 

沈黙の臓器は何も言いませんが・・・

 

お医者さん任せにしている患者さんに責任があるというのね。


医療が悪いのではなく国民の無知が病気を作り出していると私は見ます。


薬草温熱療法で解消

 

肝臓と腎臓!を追究して手に入れた

「薬草温熱療法」 

 


薬草温熱療法の3つの効果
  1. 薬草は殺菌ではなく抗菌作用
  2. 肝臓を元気にする温熱
  3. 細胞の隅々に血液が行きわたるため内臓機能が強化されるようになる

琉球薬草本舗が見つけたのは肝腎かなめ

肝臓と腎臓の回復に焦点を当てた自然療法だけが病を癒すと結論付けました。

 

 

1.薬草は殺菌ではなく抗菌作用

 

皮膚には身体を守る有用菌も生息している。殺菌を繰返すと皮膚を守っていた有用菌までも殺してしまう。

薬草の効果は抗菌・洗浄

 

 

 

2.肝臓を刺激する温熱

 

熱を入れることで肝臓を刺激。体内毒素を自然に排出するようになる。

 

 

 

3.水分と薬草要素を補給し細胞を元気にする

 

薬草と温熱で血液を全身に送り細胞を元気にすればホルモンバランス、血液調整機能が正常になる。胃腸の働きも良くなると消化を助け便秘も改善するようになる。

 

 

 

 

身体の隅々まで血液を流してあげるのね。


薬草温熱健康法は思った以上に体力を使います。熱を入れることで内臓も筋肉も活発に動き出すためと思われます。


健康を作るための薬草

アトピーのための薬草

錦仙茶龍
錦仙茶龍
入浴剤
入浴剤
抗菌クリーム
抗菌クリーム
化粧水
化粧水


肝臓と腎臓を強くする薬草

植物エキス
植物エキス
粉末青汁
粉末青汁

併せて読みたい記事

肝腎かなめが本質
肝腎かなめが本質

全ての病気は肝臓と腎臓から。血液の調整をするこの器官が健康を作る。

水が健康に与える力
水が健康に与える力

水不足が全ての病気の原因だった。水を上手に飲む事で病気が回復する。

薬草温熱療法
薬草温熱療法

生命力を作る沖縄生まれの健康法。本気で治したいなら沖縄に来なさい。

肝臓と腎臓の回復術
肝臓と腎臓の回復術

肝腎かなめから見た健康法は、これまでの治療とは真逆の発想。



琉球薬草本舗は薬草健康法の専門店

[免責事項] 当サイトの健康・医療に関する注意 

健康・医療に関する情報は、全ての個人に当てはまるわけではありません。個別性の高い情報が含まれております。当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、免責事項を十分理解した上で、ユーザーの皆様の責任において行ってください。また、当サイトで扱われた内容は効能効果や安全性を保証するものではございません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねます。当サイトをご利用の際には、必ず免責事項をご参照ください。

薬草の研究時代

不治の病の宣告を受け医者から見捨てられたおかげで今の私がいます。10年の入院生活は本当に辛いものでした。

アネモネ掲載
アネモネ掲載
メルマガ登録フォーム
メルマガ登録フォーム

琉球薬草本舗

URL: https://www.ryukyuyakusou.com   |  Mail: info@ryukyuyakusou.com

沖縄県那覇市曙3-9-1

TEL:080-7984-8472(森) 〈簡単な質問はお受けできます〉

     FAX:050-6868-9757 〈ご注文はFAXでもできます〉

(有)琉球薬草本舗

薬草風呂・薬草販売:沖縄県中頭郡西原町小波津549

製造:沖縄県中頭郡西原町安室113-10