何故病気が治らないのか


現代医学の本質

本質を改善
本質を改善

※しもやけってどのように治す?

沖縄の人にはわからないかもしれませんが、しもやけの痒みはどうも我慢なりません。

体が温まってくると血液循環がよくなりあの痒みがやって来る。暖かくなって血液が送られることで壊死した細胞が分解され新しい細胞が作られる。時間がたてば痒みも自然に無くなる。どうにも我慢ならない時、冷水に浸せば痒みは治まります。

痒みを止める為に薬を使うという行為は、しもやけをもう一度冷水に浸すことと同じ行為。

 

癌細胞を切る。痛みを消す。血圧を血糖をコレスレロールを下げる。悪いところを切り捨てるという治療は全て対処療法。副作用は目に見えないところで深刻な症状を起こす。実際に癌で亡くなる人より癌治療で亡くなる人が断然多いのが事実です。

 


病気の根本的原因

薬は対処療法

癌、脳卒中、心臓病が3大死因とされ、肥満・糖尿・高血圧が生活習慣病の要因となると言われ続けている。食生活の改善、減脂肪、減塩、運動習慣などが叫ばれる。

では悪者は塩ですか?お肉でしょうか?塩は体には欠かせないもので、塩不足はむくみや倦怠感、味覚障害などの症状が起きる。脂肪を取らない、肉を食べないと貧血や肌の荒れ、関節の痛みの原因となる

 

癌はおでき:おできは湿布してほっておけば自然に取れるもの。抗がん剤は癌細胞に何らかの影響を与えて小さくすることはできるかもしれませんが、健康な細胞へ影響する。免疫細胞の減少、癌治療中に肺炎で亡くなる例も少なくありません。また免疫が低下するため全身にがんが転移する原因になる。

 

脳卒中や心臓病は血管の病。リュウマチ・喘息・アトピー・痛風は免疫異常。ステロイドなどの免疫抑制剤によって症状が一時的に改善されたとしても、しもやけの冷水療法と同じ。


そもそも薬は毒物

薬は毒
薬は毒

※薬は自然界の模倣品

薬はアマゾンなどで原住民が使う薬草植物を採取し薬効のある成分を模写した化学製品。薬を否定しているわけではないが、毒は毒をもって制すると言うように薬も使い方次第である。ただし常用することだけは避けたい。

最近では薬と同様に化学合成されたサプリメント、保存料・着色料など食品添加物が嫌というほど食材に使われている。薬大国である。

 

薬を使わない自然治療

体の変調を感じた時、すぐに向かうのが「病院・薬」。その薬が身体を蝕む原因の一つとは誰も考えていないようだ。薬に頼ることがアトピーなどアレルギー症状の始まりと考えます。

アトピー改善の薬草

アトピーに薬を使わない。薬も使い方次第で良くもなり悪くもなる。アトピー・アレルギーの原因を見極める。

生活習慣病の改善

薬は百害あって一利なし。薬の多用こそが生活習慣病を悪化させる原因。使わなくてもいい薬は使わない自然療法。


琉球薬草本舗は薬草健康法の専門店

[免責事項] 当サイトの健康・医療に関する注意 

健康・医療に関する情報は、全ての個人に当てはまるわけではありません。個別性の高い情報が含まれております。当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、免責事項を十分理解した上で、ユーザーの皆様の責任において行ってください。また、当サイトで扱われた内容は効能効果や安全性を保証するものではございません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねます。当サイトをご利用の際には、必ず免責事項をご参照ください。

薬草の研究時代

不治の病の宣告を受け医者から見捨てられたおかげで今の私がいます。10年の入院生活は本当に辛いものでした。

アネモネ掲載
アネモネ掲載
メルマガ登録フォーム
メルマガ登録フォーム

琉球薬草本舗

URL: https://www.ryukyuyakusou.com   |  Mail: info@ryukyuyakusou.com

沖縄県那覇市曙3-9-1

TEL:080-7984-8472(森) 〈簡単な質問はお受けできます〉

     FAX:050-6868-9757 〈ご注文はFAXでもできます〉

(有)琉球薬草本舗

薬草風呂・薬草販売:沖縄県中頭郡西原町小波津549

製造:沖縄県中頭郡西原町安室113-10